『横道世之介』読了

| コメント(0) | トラックバック(0)
alm-oreさん主催の夏の読書感想文大会の自由図書部門応募作品である。

『横道世之介』吉田修を読み終えた。
2010年度本屋大賞3位の作品だ。

けったいなタイトルだと思っていたら、主人公の名前だった。
長崎から上京してきた横道世之介の大学1回生の出来事を綴った物語だ。
一年間で世之介がどう変わっていくかが分かって面白かった。
本文中の電車事故は本当にあった話を基にしていると思う。
読んでいるうちに夢中になって1日で読み終えた。
読後感は良い。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nobug.biz/mt/mt-tb.cgi/90

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、nobugが2010年8月27日 01:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一日天下」です。

次のブログ記事は「『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そして ぼくの大量読書術・驚異の速読術』読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。